治験モニター(治験ボランティア)でお小遣いがもらえる?

治験とは、製薬メーカーが開発した新しい薬の安全性や有効性を確認するために行う臨床試験のことです。

製薬メーカーが新薬を販売するには厚生労働省の承認が必要なのですが、治験はこの申請で必ず必要な過程です。

私たちがいつも服用している薬やサプリメントも、全てこの治験の結果をもとに、厚生労働省から承認されたものです。

そして、被験者として治験に参加する人のことを治験ボランティアと呼びます。

治験ボランティア  

治験ボランディアに支払われる負担軽減費(治験協力費)

治験は法律上ボランティアと定義されています。

しかし、治験に参加すると時間も拘束されますし、交通費などもかかりますので、それらの負担を軽減する意味で負担軽減費(治験協力費)が支払われます。

日帰りで10,000円ほど、入院は1泊20,000円ほどです。

一回の治験ボランティアで50万円以上になることもあります。 ですが、あくまでも社会貢献できるという気持ちで参加することが大切です。

治験ボランティア  

治験ボランティアのメリット

  • 通常の検診よりも精密な検診が受けられる。
  • 疾患のある人は、新薬で新しい治療が受けられる。
  • 治験に参加している間は、治療薬・診察・検査代を製薬メーカーが負担してくれる。
  • 社会貢献できる。

 

治験ボランティアのデメリット

  • 治験中は、食事制限や禁煙などの決まりを守らなければならない。
  • 通院中の方は、いつもの病院よりも遠くなることがある。
  • 副作用の可能性がある。

スポンサーリンク

 

治験ボランティアの安全性

治験と聞くと、人体実験を想像してしまう方もいるのではないでしょうか。
でも、決して人体実験ではありません。

新薬を厚生労働省に承認してもらうためになくてはならない検査なのです。

治験参加の前には必ず同意説明があります。検査内容、スケジュール、予想される副作用、負担軽減費などの説明がありますので、納得いくまで質問をしてから参加を決めることができます。  

 

治験ボランティア募集サイト一覧

安心して参加できる治験ボランティアサイトを紹介します。 会員登録をすると詳細情報や負担軽減費などの情報のお知らせがあります。  

新薬ネット
日本最大級の新薬モニター情報サイトで、会員数は6万人以上。

 

JCVN治験ボランティア
医学ボランティア会のJCVNによる、治験ボランティア。専門医師による診察とアドバイスが無料で受けられ、治験協力費(謝礼)が受け取れます。
ニキビ、アトピーの治験もあります。arrow ニキビ・アトピー治験ボランティア

 

ニューイング
臨床試験・治験のボランティア参加関連業務のパイオニア。健康な方の他に、生活習慣病やガンやアレルギーなどなどあらゆる疾患をお持ちの方に、ご協力いただく必要がある臨床研究・臨床試験・治験が多数あります。

   

治験ボランティアの注意点

負担軽減費は副収入になりますので、一定額を超えると確定申告が必要です。
また、生活保護を受けている方は、決まっている毎月の収入額を超えた場合生活保護が打ち切られる場合がありますので注意が必要です。    

 

▼お小遣い稼ぎをはじめるなら まず登録したいお小遣いサイト▼
モッピー!お金がたまるポイントサイト お小遣い稼ぎならポイントサイトGetMoney! ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン
モッピー詳細 ゲットマネー詳細 ポイントタウン詳細
げん玉詳細 マクロミル詳細 A8.net詳細

 

スポンサーリンク

 

toppage

 

最後まで読んでいただきましてありがとうございます!

この記事がお役に立ちましたらシェア・フォローしていただけると嬉しいです。